図でわかる・仕訳でわかる連結会計の情報サイト
運営:株式会社ラウレア
用語集

た行

土地再評価差額金 [とちさいひょうかさがくきん]

土地再評価差額金とは、「土地の再評価に関する法律」に基づき、大会社等の会社が、事業用土地について時価による評価を行い、その事業用土地の帳簿価額を改定することにより計上されるものです。土地再評価差額金は、再評価を行った事業 …

特別な契約(債務超過の場合) [とくべつなけいやく(さいむちょうかのばあい)]

通常、会社が債務超過に陥った場合には、非支配株主の負担すべき債務の額は非支配株主の出資額に限定されます。しかしながら、出資を超えた非支配株主による負担が合意されている場合もあります。連結会計上でいう特別な契約とは、このよ …

投資会社 [とうしがいしゃ]

持分法における投資会社とは、持分法適用会社に投資をしている会社(=連結財務諸表提出会社)を指します。

同意している者 [どういしているもの]

同意している者とは、自己の意思と同一の内容の議決権を行使することに同意していると認められる者をいいます。同意している者は、契約や合意等により、自己の意思と同一内容の議決権を行使することに同意していると認められる者が該当し …

手形割引 [てがたわりびき]

期日前の手形を第三者へ裏書譲渡し、満期日までの利息や手数料を差し引いた金額と換金することをいいます。

手形売却損 [てがたばいきゃくそん]

手形割引を行った際に差し引かれる割引料のことを指します。会計上はこれを手形売却損として処理します。

手形借入金 [てがたかりいれきん]

証書の代わりに手形を振り出して借入を行うことをいいます。

直接法(キャッシュ・フロー計算書) [ちょくせつほう(きゃっしゅふろーけいさんしょ)]

キャッシュ・フロー計算書の「営業活動によるキャッシュ・フロー」の表示方法は、直接法と間接法の2つから選択することができます。直接法は、営業収入、原材料または商品の仕入れによる支出等、主要な取引ごとにキャッシュ・フローを総 …

超過収益力 [ちょうかしゅうえきりょく]

企業に蓄積された、ノウハウや他企業より優位的な取引関係など、現時点において測定することのできない潜在的な価値を指します。

段階取得に係る損益 [だんかいしゅとくにかかるそんえき]

段階取得に係る損益とは、ある会社を段階取得によって子会社とした場合に、その子会社に対する投資の金額と、支配を獲得するに至った個々の取引ごとの原価の合計額との差額をいい、原則として当期の特別損益として処理します。段階取得に …

退職給付に係る調整額 [たいしょくきゅうふにかかるちょうせいがく]

当期に発生した未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用並びにその他の包括利益累計額に計上されている未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用のうち、当期に費用処理された部分を指します。

ダウンストリーム [だうんすとりーむ]

ダウンストリームとは、親会社から子会社へ資産を売却する取引パターンをいいます。子会社から親会社へ資産を売却する取引パターンはアップストリームといいます。

段階取得 [だんかいしゅとく]

段階取得とは、ある会社の支配を獲得して子会社とする際に、支配の獲得が複数回の株式購入によって達成されることをいいます。

投資活動によるキャッシュ・フロー [とうしかつどうによるきゃっしゅふろー]

投資活動によるキャッシュ・フローとは、キャッシュ・フロー計算書の表示区分の1つで、将来の利益獲得や資金運用のために、どの程度の資金を支出し、または回収したかを示す情報です。具体的には、固定資産の取得や売却、有価証券の取得 …

単純合算 [たんじゅんがっさん]

連結財務諸表は、親会社および子会社各社が作成した個別財務諸表を合算することから始まります。海外に子会社がある場合は、海外の子会社が作成した外国通貨の個別財務諸表を円貨に換算してから合算します。連結財務諸表の作成において、 …

用語集 50音一覧

PAGETOP
Copyright © 連結info All Rights Reserved.