LINEで送る
Pocket

連結決算日とは、連結会計上の決算日のことです。連結財務諸表を作成する際の会計期間は、親会社の会計期間に基づくため、親会社の決算日が連結決算日になります。
子会社の決算日が連結決算日と異なる場合、子会社は、原則として、連結決算日に正規の決算に準ずる合理的な手続により決算を行わなければなりません。ただし、子会社の決算日と連結決算日の差異が3か月以内であれば、子会社の正規の決算を基礎として連結決算をすることができます。この場合、決算日が異なることから生じる連結会社間の取引に係る会計記録の重要な不一致があれば、それを整理します。