LINEで送る
Pocket

原則法とは、部分時価評価法の1つで、持分法の適用にあたり、持分法適用開始日までに株式を段階的に取得している場合、株式の取得日ごとに当該日の時価で関連会社の資産・負債を時価評価する方法です。