LINEで送る
Pocket

連結財務諸表固有の一時差異とは、課税所得の計算には関係しませんが、連結手続きの結果として生じる、連結貸借対照表上の資産または負債と、連結会社の個別貸借対照表上の資産または負債との差異をいいます。将来、連結貸借対照表の資産または負債が回収または決済されるなど、その差異が解消されるときに、連結財務諸表の利益を増減することにより、その増減後の利益額がその連結会社の個別財務諸表上の利益と一致する関係をもたらすものです。