LINEで送る
Pocket

親会社の子会社に対する投資と、これに対応する子会社の資本を相殺消去する際、貸借の差額が生じる場合があります。このとき、借方に生じた差額を「のれん」と呼びます。のれんは、連結貸借対照表の無形固定資産に計上し、原則として20年以内に定額法等の方法により償却します。なお、貸方に生じた差額は「負ののれん」と呼びます。